スイカ腹になりたくない人必見!妊娠線予防のコツ

私には3人の息子がいます。
3人とも体重は3000g以上で産まれてきたので、妊娠時は結構お腹が大きくなりました。
特に後期は急激に大きくなったのを覚えています。
妊娠を3回経験しましたが、私は早い時期の妊娠10週くらいから妊娠線予防クリームを塗っていました。

 

最初の妊娠では、知識も経験もなかったためどんな妊娠クリームが良いのか全くわかりませんでした。
第一子妊娠中のある日、10ヵ月の赤ちゃんがいる先輩ママの家に遊びに行ったときに
出産後のお腹を見せてもらい衝撃をうけました。
なんと妊娠線がひとつもできていなかったのです!
私はそのときに「どんなクリームを使っているの?」と聞きました。
すると「名前は忘れたけど、オレンジ色のラベルのヴェ??(なんとか)っていうオイル」と教えてくれました。
私はそれから家に帰り、ネットで調べまくり、ヴェレダのボディオイルということがわかり、すぐにオーダーしました。

 

実際に使ってみるとオイルなのでよく伸びました。
においは柑橘系のにおいでつけたときはいいにおいがしましたが下着や腹帯などにつくとしばらくにおいが落ちませんでした。
値段は2000円弱で、ドラッグストアではあまり見かけずネットの販売先によって値段はさまざまでした。
妊娠期間中はお風呂上がりのみの使用で4本使用しました。

 

効果は、結果からいうと妊娠線はできてしまいました。
最初は、全くできていなかったのですが、妊娠8ヶ月すぎ頃、
お腹の膨らみの下の方にすいか模様のひびのような線が縦にできてしまいました。
3回とも8ヶ月後半からいっきにお腹が大きくなったので、
その時期が一番重要でまめにオイルを塗らなければならなかったのかもしれません。
また、お腹の膨らみの下の方にできていて、私の目線からは見えない部分だったのできちんと塗れていなかったのかもしれません。
ただ、妊娠線は保湿が重要なので、保湿に関してはとてもよいオイルでした。
肌もスベスベして効果は感じていました。

 

妊娠線ができる、できないも体質によってできやすい人とできにくい人もいるようなので
実際に私の母も私を産んだ際に妊娠線ができたので遺伝も多少なりとも影響してるのかなとも思います。